サービス
  1. ホーム
  2. サービス
  3. システム開発コスト査定業務

システム開発コスト査定業務

ソフトウェアの新規導入や更新コストの最適化を図り、コスト削減と発注プロセスの透明化に寄与します。
弊社は、CMで培った発注プロセスの透明化に関するノウハウを、ソフトウェア導入にも応用し、発注者の導入コストの最適化を図り、投資費用への納得と安心をもたらします。

ベンダーの見積書の査定

システム開発会社(ベンダー)から提示された見積を要件定義書、仕様書、設計書から査定します。ソフトウェア規模を一定の方法で数値化することにより、経験や勘に頼らない信頼性の高いコストを算出することが可能です。適正価格を算出することはコストの最適化を行うだけではなく、アカウンタビリティ(説明責任)を確保することにもつながります。

査定の流れ

  • 1.規模の測定。はじめにシステム規模の測定を行います。これを元に開発コストの査定が行われます。
  • 2.外部要因を加味。測定されたシステムの規模に、開発環境や開発者の能力を加味し、システム規模を補正します。
  • 3.コストを算出。SEの単価にシステム規模を乗じて、最終的な開発コストを算出します。

査定のメリット

システムの適正価格の算出

  • 概要設計による開発用件の明確化
  • コストの最適化・最小化
  • アカウンタビリティ(説明責任)の確保

査定方法

  1. 1.FP法を用いて、ソフトウェアの規模を算定。
  2. 2.算出された規模をCOCOMO法の数式モデルに代入し、そのソフトウェアの工数を算出。

FP法 : Function Point法。FP法の標準化団体の「IFPUG(International Function Point Users Group)」が監理するソフトウェアの機能量に着目して定量化する手法。

COCOMO法 : 工数見積もり標準化モデル。2000年に多様なソフトウェア導入の形態に対応し、かつ精度の向上を目指して改良された「COCOMOⅡ」が発表されています。

発注予定価格の算定

RFP(ソフトウェアの具体的な概要や構成を書いた提案依頼書)に基づき、適正な調達コストを算出、ご提案いたします。信頼性の高い方法でコストを算出することにより、合理的な調達計画を立案することが可能になります。

RFP(提案依頼書)作成支援

複数のシステム開発会社選定から提案を募る手段として。発注者側の立場でRFP(システムの具体的な概要や構成を書いた提案依頼書)を作成し、お客様の必要要件が明確になり、システム開発会社からの提案内容の質が向上、提案の比較検討が容易になります。

Page Top