サービス
  1. ホーム
  2. サービス
  3. 建物管理費削減支援業務

建物管理費削減支援業務

建物の運用段階で継続的に必要となる管理会社への清掃費・警備費・施設管理費。現在委託している各管理業務の仕様が適正か?コストは妥当か?などの懸念がないでしょうか?
弊社は、CMで培った発注プロセスの透明化に関するノウハウを、建物管理費の最適化にも応用し、コストの削減と発注者の説明責任の確保に寄与します。

建物管理費に関するコンサルティングの仕組み

コンサルティング内容

建物管理費の査定
管理会社へ委託している清掃・警備・施設管理業務の 委託金額の査定 業務仕様の見直し 上記を報告書としてとりまとめ、発注者のご要望に応じて管理会社との折衝支援
管理会社選定支援
新たに管理会社の選定を検討されている発注者に、管理会社選定に関する支援をいたします。

コンサルティング内容

  • 現状の業務仕様・委託業務費の確認
  • 業務仕様の見直し
  • 見積提出を求める管理会社(清掃・警備・施設管理業務ごと)の候補の抽出
  • 管理会社への見積要項書(RFP)作成
  • 管理会社選定のための支援(見積依頼・質疑回答・見積比較・価格交渉・契約締結支援)
  • 現管理会社からの業務引継ぎに関するマネジメント
施設管理業の最適化
コストを低減することが目的ではありません。施設や設備の状況を隅々まで調査検証し、現状や将来に亘る影響を加味して各種業務の仕様を見直し、その仕様に応じた費用を積上げて予算化を図ります。すなわち、現状の実態に応じた仕様及び費用の最適化を図ります。
最適化後の検証及びフォロー
一般的には、新たな管理業者との契約、あるいは仕様や費用の最適化が決まれば、一定のコンサルティングが終了します。しかし、我々は、最適化後の管理状況を一定期間検証して必要であれば軌道修正を行い、発注者の立場として、長期的な観点でフォローを行う業務のご提案もさせていただきます。
コストパフォーマンスの最大化
各種業務を通じて、施設管理の最新の情報を把握し、人的あるいは老朽化したシステムなど、陳腐化した管理方法やシステムの最先端技術をご紹介して、効果的な資源を追及していきます。
Page Top